So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今日という惑星 [きゅ~~ん]


まわるむわる今日がまわる

くっついたりはなれたりして

よろこびかなしみたずさえて

めぐりあうためまわり続ける


キングになるためには [きゅ~~ん]

ライオンキングをマチネで観た。
圧倒的な歌唱力と身体能力に感動。
そして文化、自然、人への
尊敬の念が根底にあるように
感じた。

カーテンコールでエイズと乳がん
のためのファウンデイションへの
募金が呼びかけられた。

ロビーにでると役者が募金してくれる
人と写真撮影するためにすでにスタンバイ
していた。温かいショウ
だった。

なんと前日にふらっとチケットを尋ねたら
一枚だけ前から10列目が手に入ったのだ。
前にも
こういうことあったような、、、


こもれ陽の窓 [きゅ~~ん]

窓のこもれ陽がなんとも
いいんだな。
このモザイク模様を見るたび
千はきゅ~んとくるさ~。
実は千の実家のトイレの
窓なんす。

中に誰が入ってるかわかります^^

家のあちこちの
随所に記憶の
迷い道への入り口が、、、


はじまりを待つ予感 [きゅ~~ん]

あちこちにこの飾りを見ると
だんだん元旦のぴりっとした
静けさが漂ってくるようで
いよいよ年をまたぐのだなあと
いう気持ちを新たにさせられます。
「今年は今日が最後なんです。
来年もよろしくおねがいします。
よいお年を」
ついつい聞き流すこのフレーズ
がまた改めて噛み締めるといいもんだなと。
今頃全国で大掃除やっている人
今頃ごまんといるんだろな。
うちもです^^


はじまりを待つ予感


銀杏並木のその先に [きゅ~~ん]

見事な並木をなんとか工夫して
カメラにおさめようとタクシーの
後部座席で四苦八苦。
やっと撮影できてあがりを見たら
なんとその写真の中に
なつかしい日本青年館が。

文字通りきゅ????????ん


nice!(0)  トラックバック(0) 

ひみつのあっこchang [きゅ~~ん]

友達がDJするというので
BARに遊びに行ったら
おもいおもいの衣装に身を包んだ
同年代に会った。「昭和ナイト」
友達は「ひみつのあっこchang」
などの曲を交えて我々世代の心を
ぎゅぎゅっと鷲掴みにした。

壁に紅白のダイジェスト流れてたY


nice!(0)  トラックバック(0) 

およよ! [きゅ~~ん]

グリコからでてるこれ、
なつかしくて、おいしくて、
涙でそうになった。
この小さいサイズだと食べ過ぎ
ずにすむし、二枚のビスケット
の内部に薄く塗られたチョコと
その中に挟んだバニラクリーム
のハーモニーがなんともいえず

およよ!(桂三枝氏でお願い)

うまくいえない。きゅ?んと
くる味なのだ。ビスケット
好きさん、
いらっしゃ??い!

(このあと座ってた椅子がこける)

フレンドリーベーカリーいいますねん
ampmにおいてますっちゅうねん


nice!(0)  トラックバック(0) 

白い月 [きゅ~~ん]

丸正の左横、クレーンに
引っ張られているような白い月
を見つけた。見えるかな?

ネット接続環境不安定のためさくさくup


nice!(0)  トラックバック(0) 

とっさの○○○○ [きゅ~~ん]

いちど食べてみたいtoshi yoroizuka
のスイーツ。だっていつ前通っても
長蛇の列やねんもんなあ。
シャンパンみたいな人のつくるケーキ。
ちちくろまんぼ ちちくろまんぼ きゅ??
ということで今回のカテは「きゅ?ん」で
いこうと思いま ばこ????????
?ん←やっぱ殴られた

とっさの○○○○に注意しようね

追伸:
たったいま、出版社勤務の友人からの指摘により
「これはまずいだろ」ということで
上の一部変更させていただきます。

ちちくろまんぼ ちちくろまんぼ きゅ??→
ちちくりまんぼちちくりまんぼきゅ??

関係者に
多大なるご迷惑をおかけしたことを
心よりお詫び申し上げます(((^迷惑^)))


nice!(0)  トラックバック(0) 

瓶の中の舟 [きゅ~~ん]

子供の頃、この瓶に入った舟を見るのが
好きだった。
どうやって舟をこの中に入れたのか
一生懸命観察しても
ガラスのどこにも継ぎ目などはない。
まったく不思議でしょうがない。
もしかしたらガラスをふくらませてすぐに
入り口を大きく開けて
中に舟を入れて、それから全体の形を
最終的に整えていくなんて方法が
あったりするのだろうか?
それとも?
ひさしぶりに食べ物処の棚でこの瓶に入った
舟を発見して懐かしくてしげしげ手に取って眺めて
しまった。しばらくすると
子供の頃、机に肘をつけて瓶を
覗き込んでいた自分がそばにいる。

ベトナムフォーそばを食べながら
舟を眺め続ける。
舟はあの日たしか机の端の滝を超えて
遥か先の大海原へと出航した。


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。