So-net無料ブログ作成
検索選択
ぴとぷのNY日誌 ブログトップ
前の10件 | -

ぴちゃん回復のお知らせ。 [ぴとぷのNY日誌]

ぴちゃんが元気になってきました。ヘルニアで歩行が難しく
専門医に診せたところ6週間のケージ生活を勧められそれが
ようやく終了。少し歩けるようになりました。手術は免れ
そうです。ご心配かけました。神様に感謝です。

ケージを平行に保ってベッドに連れて行き、寝るときだけ
そっとファスナーを開けてやるとそっと出て来て僕の胸に
頬を載せて「ふ〜」って毎晩ため息ついてました。
朝起きると又ケージに入れてキッチンに戻ってごはんを食べ
させるとそのままケージに入り、平行移動でバスルームへ。
今度はおしっこうんこ。でまたケージ。本人もここに入れば
痛さが消えるって思ったのか平行移動の際は小言も言わず
ずっとお利口にしていました。ウイスコンシンに行ってたとき
だんだん元気になっていたみたいでケアをしてくれていた
友人から「ファスナーを開けて囲いをスライドさせて外に出て
いる」という報告を受け「やばいな」と思っていたのですが、
僕がNYに戻ってからもその「脱出」は続いて、どんなに
厳密に閉じ込めても「ファスナーを鼻で開けて、囲いを
スライドさせて」外に出るようになってきました。
丁度6週間目でした。それでも
なるだけケージに入れるように心がけていましたが
最近は後ろ足もしっかりしてきて尻尾も左右に振れる
ようになりました。来週一回主治医さんに診てもらおうと
思います。

飼い主も犬も基本ハイパーなので
そこだけが心配です。僕もアイスバーンの上でつい
調子に乗って「ジャネットリン〜!」とかやっちゃうタイプで
このまえもぎっくり腰してますので2人共々引き続き
焦らずゆるりと気をつけて過ごすことにします!
ご心配かけました。

とりいそぎご報告まで。
unnamed.jpg



夏のぴとのよもやま話。 [ぴとぷのNY日誌]

ダックスは穴ぐらがすきだとは聞いていたけれど、
きのうぴがどこにもいないので心配して探しまくって
やっと見つけた場所はなんとベッド枕カバーの中
であった。

枕カバーの中に器用によく入れたものだと感心する
まもなく彼女の民族大移動は始まった。
今度は移動用のキャリーバッグ。少しでも僕が
キャリーバッグに手をかけると「置いてかれる」
と思うのだろう。このバッグに入ってればパパは
あたしを一緒に連れて行ってくれると思うので
あろう。

このまえ、そんな彼女をいくら探しても見つけられ
なかったことがあった。ウオーキングクローゼット
中、寝室のベッドの下、リビングのソファの下、
音楽室の中、どこを探しても見つからない。
真っ青になってデッキへ続くドアを開けたら
涙目のぴがそこにいた。

きっとコーヒーの飲みに行ってそのまま
戻り際に一緒に並走して
た彼女に気がつかずにドアを閉めてしまったの
だろう。ほんとに涙目だった。もうしわけない、
ごめんごめんと、謝ったけれど、相当、
こたえたらしい。しばらくへそを曲げて相手に
してくれなかった。

そうはいうものの、寝る時は必ず一緒にベッドにもぐり
こんでくる。そして枕の下の快適な穴ぐらにも
似た場所を求めて、ベッドの主の僕をはしっこに追いやる。
夢のさなかにどうもまつげがさかまつげになって
上へ上へと吹き飛ばされるような気がして目を
開けると、なんと僕の頬に顔をのせて堂々と
ふんぞりかえって寝てらした。鼻から出る息が僕のまつげを
逆さになでて、半開きの白目が外気に触れ続けて
それはそれは奇妙な感覚であった。

目下の目標は1キロの減量。小さい身体なので
1キロは大変だろう。フードをアクテイブなもの
からローカロリーなものに変えた。時間を見つけては
おもちゃのキャッチ&リリースをさせる。
そしてなによりも毎朝目を覚ましたときには
今日も元気で目を覚ませたことへの感謝を
ふたりで一緒にする。

ありがとうございます。そして今日も一日
一生懸命一緒にがんばりましょう。
F1000015.JPG
塩とこしょうの入れ物になったぴ!

コーラスラインごっこ [ぴとぷのNY日誌]

one ちゃらららら~らららららら~ら~
one ちゃらららららら~ら~らららら~

おもわずブロードウエイミュージカル
コーラスライン」のエンデイングを
思い浮かべてしまい、、、
そんなキャプションをココロの中で
唱えてしまったパパン。
みなさんはこの写真を見て
どんなのが思い浮かびます?





もうあたちで遊ぶのはやめてください!


混浴温泉にゅ~よ~くへようこそ [ぴとぷのNY日誌]

今日はここしばらく課題だったぴーすを
お風呂に入れるというのをやった。
お風呂の気配(バスタオルを持つ、下着
準備をする、妙ににこにこする)を
察すると天岩戸のベッドの下にするするするとお隠れに
なるので、こっちもあくまで平常心平常心。
いいかんじでまったり喋りながらいつものように
だっこ。しばらく話しながらゆりかご。
そんなことをほぼいつもどおりにやりながら
静か~~~にバスルームへ
移動。すぐさまドアをロック
「はっはっはっは  おのれ~ まんまと
ひっかかりよったな~ 富士山麓で鍛え上げた
このカニバサミが目に入らぬか ふわっふわっふわ」
てなことはいっさい言わずに、てぎわよく
バスタブにお湯をはる。自~然にやさし~くだっこして一緒に
湯につかる。しっとり全身を濡らしたら
さっそく背中から順に泡立てる。ゆすぐ。
泡立てる。ゆすぐ。耳に湯が入らないように
細心の注意を払いながら
洗い残しがないようにまんべんなくきれいに
する。そしてしばしふたりでお湯に
つかり休憩。けっこう入るまでは大騒ぎ
なのにいざ湯につかるとまんざらでもないようだ。
きもちよさそうに肩までつかって目を細めて
いる。もちろんすこしぬるめのお湯。
さあ、そうしたら最後の仕上げ。抱っこして
耳にお湯が入らないように胸と背中と右と左とから
静かに何度も流す。
「お客さん  おかゆいところありますか?」
てなこと行ってるひまもなく右左右左背中お腹
背中お腹。これが本人には相当危機感が
つのるらしくパパの乳首に爪を立てる。
いった~~~い なにすんの~ こっちも戦いだ。
そしてシャワーが終わると無事にあらかじめ用意した
おそろいのタオルのれんが色のほうに
体を置いてぶるぶるするまえにささっと包み
ぐるぐるまきにして乾かす。
これにてぴ~すの入浴完了。これで多い日も
安心、じゃなくて~、彼女も不本意ながらもすっきり
したと思う。お父さんの入浴タイムが終わるのを待って
お父さんがモスグリーンのタオルで体をふいて
パンツをはいたら
一気にドアを開けてもらう。すると脱兎の
ごとく自分の部屋へと走っていく。もちろんお気に入り
おやつガムがご褒美にもらえることを
知っているからである。おやつガム獲得のあとも
興奮が冷めないらしく狭い部屋を走り回って何度も
う~~~っと唸ってうんこをしてそれを嗅いで
また思い出したかのように
走り回っていた。いましがたやっとようやく
静かになってふとんの中にもぐりこんだかと思うと
「あ」って小さな声で寝言を吐いていた。
やれやれ。風呂嫌いのこをお湯に入れるのは
ほんとに大変だ。

だれか~ 警察を呼びますよ~  はなして

あたち  万引きなんか してませ んから

へんないいがかりつけると ゆるしませんよ

はなして もう 痛いったら  はなして~


あたちの頭の中は↑なかんじでしたわよ


大雪から一夜明けて散歩 [ぴとぷのNY日誌]

これから散歩へ行ってみたいです


雪かきされてるからぜんぜん平気


でもなかったかちら 結構深いわ


足先が冷えて来た おおさぶ~~


ちょっぴり車の下へ避難避難っと


遠山の金さんみたいになったわよ


やっぱりお家が一番!あったかいもん



現在のクリスマス指数:18


退院報告。 [ぴとぷのNY日誌]

「ぴchangはとってもいいこでしたよ。
まだうんちが何日か柔らかいとは思いますが
ちょっとづつの改善が見受けられます。
そうじゃないときはお知らせください。
ふたつの種類のお薬をごはんの中に投薬
しますね。ぴはLOW REDEIDUEという缶を
1日に半分くらいを目安に食べますから
それを7日間続けてそのあと徐々にゆっくり
普通の食事の再投入を試みましょう」
  from 先生からの手紙

は~(嘆息)ほっとした。
今日はjULY4前で街はがらがらだったから
タクシーが止まってくれたので移動も
大助かりだった。全てに感謝。
心配してくださったみなさんほんとにどうも
ありがとうございました。みなさんにも大大
大感謝です!
このあとも大事にゆっくり
回復させます。今度は「暴走機関車」の
カテでお会いできますように。


みんななにをしんぱいしているのかな


ぴの臨海学校 [ぴとぷのNY日誌]

ぴが感染症にて緊急入院

今日のダデイ男は
お医者さんまでの行きはぴとタクシー
家への帰り道はひとりで地下鉄。う~ん、
ぴがいないのは彼女の体重だけじゃない
いごこちの悪い薄い空間が物語っている。

今はただ薬を点滴でちゃんと入れてもらって
少しでもよくなるように元気になるように
祈ることにしよう。
彼女も臨海学校にでもいってる気分で
このAWAYの夜をのりきって帰ってきてほしい。

それにしても恐るべしNYC
人に感染する菌もうようよいるみたいで
一匹菌を持っているのがいると
同じ水を飲んだりするだけでもう感染
しちゃうわけで、ほんと恐いです。
うんこの後始末とかしない人もいっぱい
なNYC。ドッグランとか濡れた歩道とか
ものすごい悪臭の場所もあるますから、ああ
ダデイ男はなんだか反省です。


というわけであたち今夜は別宅です!


あとは若い人同士にお任せして [ぴとぷのNY日誌]

だんだん人っぽくなるものだね。

強力な存在感。究極のリラックス

でも最近はルームメイトとの追っかけっこほうが
彼女は好きみたい。ダディ男の赤chang言葉での
「ぎゅっ抱きしめ」
は季節的に暑苦しいので
彼女的には
NGモード。


早く帰ってこないかな~遊びたいな

(この写真は昨年の7・15に使用したもの)


’ぴ’のももがたり [ぴとぷのNY日誌]

それはある夏の日のこと。


じゅる あっ なんか音聞こえた

いつものコーヒーの横にあるの何

ぷ~んっていい香りするんだけど

あれ?場所が変わった どっちだ

ころころころ あ~もどかしい~

絶対に捕まえてやる ころころ虫

ふふ 油断してるな そろ~~り

ぱくっなんちゃ あれ 消えた?

桃はダデイ男のお腹に吸い込まれ

めでたしめでたしってそりゃないよ

おちまい

ダデイ男:「子供食べる
からだによくないものなんだよ」
ぴ:「うそだね(ダウト)」


つまんないおとなになりたくない [ぴとぷのNY日誌]

つまんないおとなになりたくない。
素敵なものは素敵と言えるあたち
でいたい。

NY在住の”ぴ”です。

けさは涙がでちゃう 女の子だもん

うちのダデイ男知りませんか???

コーヒー買いに行っちゃったんです

もちも~ち!ダデイ男知りませんか?

イケメンのダデイ男なんすけどおっつ

ああん  誰も答えてくれない ぐす

しょがない!よっこいしょっいちっと

ダデイ男の追記:ぴはとてもいいこです。
友達もいっぱいできました。毎日一緒に
おでこくっつけて寝ています。朝はダデ
イ男のほうが断然早起きです。ぴはいつ
も1時間後くらいにあくびこchangです。


前の10件 | - ぴとぷのNY日誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。