So-net無料ブログ作成
検索選択
必殺仕事千 ブログトップ

サバイバー千 [必殺仕事千]

げ。気がつくと11月は一回しか更新していない。

実はプリンターのお皿を割りました。どうやら譜面台の
足を移動させる時に「ごん!」したようです。
更に、僕のネットがつながらなくなりました。これに関しては
ネットが来てないとかではなく、家のどこかでルーターモデム
もしくは回線に問題があるとのことで急遽人に来てもらう事に。
更に更に、大家がどうやら電気代を半年以上未納にしていたらしく、
「11月17日から制裁に入る。電気が止まってもそれを
大家に家賃から引いてもらう事ができます」との張り紙が電力会社から。

あの、それより止っちゃったら生活できませんから。
その張り紙は写真をあとで撮ろうと思っていたらすぐに大家の会社関係の
人に破り棄てられちゃった。
現在、17日を過ぎていますので、どうやらこれは大丈夫のようです。
プリンターはこれを機会にキャノンの新しいのを購入。いいかんじで稼働中。
ネットは新しいモデムを設置してもらいなんとか現在は稼働中。大丈夫みたい。

今月は真ん中の週にレコーデイング12曲と言う結構プレッシャーの大きな
仕事+かなりハードルの高いコンペの〆切、ミニッツブック(カドカワ)の
エッセイの校正などがあったので
プリンターがなければ、ネットがなければ
現在の便利さを奪われる事になるので
なんにもできなくなる。でも無いものはしょうがないので、
スクリーンのソフトに作った
譜面や詩や音源を携帯カメラで撮ったり手持ちのチップに入れたりして、
それをapple storeに持って行ってそこで勝手に店のPCに繋いで作業
したり(すまそん)しのぎました。おかげさまブラザーズで
なんとか乗り切れました。だから家のdisk topで更新している「森」や
「twitter」など多くのメデイアへの記事の書き込みがストップして
いました。ご心配をおかけしてすみませんり。

でもなんとかスタックしていた状況が好転し始めた音が聞こえます。
こうやって自宅更新してますし、レコも取りこぼしなく
思った以上にいいかんじで終了したし、
原稿の校正もあげることができたし、コンペもちゃんと作って提出できたし、
長い事飲み続けていたお薬をぴちゃんはやっと終える事が出来たし、
こうやって考えると「雨降って地固まる」で寧ろ前へ進んだと
言えます。あのハロウインの熱狂ぱーちーが嘘のように
今月は作り続けています。
IMG_3424 copy.jpg
今朝は久しぶりに朝からALBUMのジャケット撮影です。
あと1時間後に家で服選びをしてからデザイナーとカメラマンと
3人でゲリラ撮影開始です。みなさん、楽しみにしてて下さい。
また報告します。では入れたばかりの珈琲飲み切ってしまいますね。
10422928_894456067240712_8536710956330739374_n.jpg
(無事に撮影うまくいきました!←時後報告)

もう日本は水曜日?どうかみなさんいい一週間を。

PS  今週木曜日は富ジャズです。

水無月の宵の彼方へ。 [必殺仕事千]

玄関に飾ってあるカレンダーをめくりました。6月です。
デッキに向うキッチンのドアにもカレンダーがあるので
そっちもめくります。これは完全にアメリカのカレンダーなので
アメリカの習慣や記念日、休日などがかきこまれているのですが
6月は特にないですね。末にラマダン(断食)があるくらいか。

5月の末、八神純子さんのコンサートの前日にあげるはず
だったカドカワミニッツブックのエッセイ「13th note」の
原稿があがらず、やっと今日脱稿しました。
コンサートの本番が近くなったりするとちょっと両方を同時に出来なくなる
のでこれからのスケジューリングの課題ですね。あと内容的にエッセイのほうも
核心に近づいているので、益々大事に書いていかないと。
時間は実際の〆切より一週間ほどまえのカレンダーに〆切日を仮定し、
仕上げてみます。最近は月末に富ジャズをやることが増えて
きてますからね。

八神純子さんのコンサート、とても楽しいものになりました。
この前後の数日間は特別な時間でした。ワープしたような。

そのあと夢から覚めつつ徐々にピッチをあげて数日がかりで原稿を
仕上がりました。かなり今回は大作です。長い。
ちなみに今発売の最新号のほうは渡辺美里さんと2人でやった
東北支援のコンサートin NYのinside story(舞台裏)です。

http://minutesbook.jp/


八神さんともハワイ以来でゆっくりご飯を食べたかった。でも
娘さんのお誕生日とかがありそのままLAに帰られて今回は
ライブ演奏の間だけの深いコミュニケーション。一回目の飛鳥の
お客様も、2回目3回目のお客様もはち切れんばかり超満杯で
どえらい盛り上がりになりました。いらしてくださったみなさま、
心参加で応援してくださったみなさま、ほんとにありがとう
ございました。心からほっとしました。

なんだかんだでサックスのヤシーン、ベースのジムとのリハがいっさい
なしのぶっつけ本番という(勿論、八神さんも)状況でしたので、
始まってみないとどうなるかわからなかっただけに大成功して、
ほんとにうれしかったです。夢の中にいるようでした。

6月1週目は引き続き色々あります。
オーデイション受けたり、人と会って打ち合わせしたり。
でも気持ちはすっきり爽快です。今月もいい月にしたいです。

ついさっきふとPNDの在庫はどうなっているだろうと調べたら
なんと「Spooky Hotel」が現在在庫切れだということが発覚しました。
有り難い事なんですけど、手元に5枚ほどしかないのでもしかしたら
現在申し込んで頂いたら少しお時間を頂戴するかもしれません。
そのときはすみません。ご了解のほどを。
「Boys Mature Slow」のほうはばっちぐーで在庫があります。
ちなみにヒョンジンチョイのALBUMも在庫はあります。今後も
PNDをごひいきにおねがいします!!!!!

今年は3ヶ月ごとに見返しながら進んでいるのですが、その2回目の
最後の月に突入しました。さあ、どんな月になりますやら。
皆さんにとってもいい月になりますよう。

12月になりました。 [必殺仕事千]

ここんところまた、頭が納豆に
なりそうなくらい集中する日々が続いていました。
ひとつは角川の電子書籍ミニッツブックで連載中の「9th note 最終章」。
やはり、最終回はペンを舐め舐めってかんじで遅筆でしたが仕上がりました。
ひとつやり遂げると半日頭がからっぽになって
ぼーーーっとしますがその間に新作の「よしもと新喜劇」を観たり、
ジムで走ったりすると、気分転換ができて又次に取りかかります。
その次にやったのは、NYで始めたジャズプロジェクト用のデモ曲つくりでした。
新たにこの2日で納得できるものが
4曲あがりました。デモなんで全部自分でアレンジ用演奏しますんで、
かなり楽しい作業でした。今週末までに、1月に始まるレコーデイングで
演奏する3曲が決定になります。
さて、もうひとつやったこと。それは、日本の
ポップスのCMコンペ用に書き卸していた曲がありがたいことに本採用になったので、
そのプリプロダクション用へ「詩と曲」を完成形させました。
いいオケがあがると(プリプロではありますが)それだけでもう
詩が触発されていろいろ出てきます。詩は一番大切で毎回
悩みながらですが、なんだかここへ来てたのしい作業になってます。
本番のレコーデイングまですこし時間があるので、更に更にの
ブラッシュアップを繰り返す予定です。明日は「9th note」の校正が
日本からあがってくるので、そのゲラ最終校正もやります。
こうやって敢えて字面にすると「忙しそう」に聞こえる
かもしれませんが、さっきも言ったように
合間にクッキングやCD&Tシャツ配送や「よしもと」観劇を挟むので、
疲れ知らずのハイテンションないい時間を過ごしていますよ。ご安心を。

そういえば、今日ホールかぼちゃを買いました。丸々一個ですよ。
なんと英語で「Kabocha」って書いてありました。
でも不思議なことに丸々一個が1ドル45セント。半分に切ったものがラップ
されていて、2ドルでした。いかにもアメリカ的です(笑)
今週末から来週にかけてはまたかぼちゃレシピが増えてゆきそうで
楽しみです。

天気は気温差があったり、列車の事故があったり、いろいろあるNYですが、
しっかり体調管理して乗り切りたいと思います。
ほんとうにもうあっというまに今年も終わるでしょうね。徐々に今年の
総集編と来年への準備を始めている自分がいます。
忙しくても一日一日を大切に慈しみながら時間を送りたいです。
みなさんもこの年末をともに元気に乗り切りましょう。
ではでは。

桃太郎侍千、参上! [必殺仕事千]

「千里ってほんとにビッチだよねー」
って言われることがたまーにある。たまーにである。ほんとだよ。
そんなーって思う。でもそれはある意味勲章だと思うようにしてる。

身にかかる火の粉じゃないけれど、自分や自分のまわりの大事な人が
道ばたや店でとんでもない扱いを受けたりすると、100倍くらいにしておかえしする
それが、桃太郎侍in NYこと、千侍の使命だからでR
なんてこと思いもせずにうきうきと、最近お気に入りのモロカンバーガー(モロッコ式ハンバーガー)の店に
3夜連続で訪れる。天気もよくまだまだ夕食の時刻なのに
太陽が燦々とさしている。

さて、どこらへんがモロッコかっていうのが写真をFBに載せたところ、
話題になって、いちおう、そこらへんをwebの知識じゃなくて、この店に実際戻って、
キッチンの誰かから直接聞きたい、なんていう
にわかグルメファン的きもちもありの再再来店なのであった。
一日目はビーフ、2夜目はラム、そして今夜はちと早めの立ち上がりの
「野菜バーガー」を試みるつもりであった。

結論から言うとこの店はモロッコではなくイスラエル人の経営の店。時代的に
モロッコって言った方がNYでは今、客が入る、そんなノリでの
モロカンバーガーなのであった。まあ、それはそれで別に問題ない。
日本食って名前の中国人のやってる店はごまんとある。
一日目の給仕役は白人のおっぱいぷるぷるのおねえちゃん。ナイス。
2夜目はグランジファッションの眼鏡の白人の男の子。ナイス,too!
はたして3夜目は、そう思って、店のドアを開けたらなんと、給仕役は
キュートでおしゃれな小柄な
タイ人の女の子であった。

しかしこのこがいじわるだった。
広い店内でほとんどまだ立ち上がっていないくらい客がいないのに、
徹底的に白人の客を先に相手して、僕のことをしばらく(約5分間)完全無視。
オーダーをとるときも、いちいちくってかかるような言い方で
「なにか中に足した方がいいならばいま言っとかないと?」ていうふうに問いただす。
え?そんなふうに言われるとシダーチーズとか??足した方がいいのかな??とも思うが、
いやいや、そのままで、そのままでいいですから、と自分に言い聞かせるように答える、、
が。それにも「。。完全無回答。。。」

僕は元ルームメートがタイ人であり、友人にもタイ人が何人もいる。
決してタイの人に対してなにか特別な感覚があるとかいうわけでは勿論ない。
いたってフェアでR。
しかし彼女は、そのあとも、同じかんじでぼくにだけ、なんともいえない
不思議な差別応対を続ける。まず食事前に出てくるパンとオリーブーブオイルが
僕だけでてこなかった。そのあとバーガーとともに出てくるはずのケチャップが
ない。

ケチャップはいくらなんでも必要なので、
しばらく待ったのちに、「あのー、ケッチャップもらってもいい?」とだけ
彼女に伝える。またもや「。。。無視。。。」そしてそのあと彼女がやった
行動とは?????沢山のキャンドルをテーブルに配り始めたのである。
ケッチャップは完全に忘れ去られたかのごとく無視である。


よくNYでがんばるアジアの女の子(日本人もふくめて)で語学コンプレックスからなのか、
逆に同じアジアの男に強気にでる女っていうのがいるが、そんなinsecure(心に余裕のない)
かんじなのかなあなんて、よく状況がわからないので、ぼんやり思いつつ、
しばらく気長にまつ。でも更に5分が過ぎて
このまま待っていてもバーガーは冷めてしまうし。
しょんぼり!なかんじのまま夕食を終えるつもりもない。
よし。

ここでいじわる千ちゃんがむくむくと起き上がる。
千ちゃんはおもむろに席を立って、カウンターの近くにいるオーナー
(確認済み。彼はイスラエル人)に直接。
「ねえ。ケチャップって頂いてもいいかな?」
「おまいがー。ごめんごめん。これでいい?ほんとに気づかなくて
ごめん。彼女にちゃんと言っとくね。
今度なんかあったらいつでもおしえてね」
「もちのろん!さんきゅー!(笑顔なれどすでに
うしろにいるタイ人の女にには反面デビルスマイル)」

おいしい食事が始まったあともこの執拗な嫌がらせは続く。
まず、まだ口にしてない状態で「バーガーの味はどう?」
と聞きにこられる。、、、うーーーーん、まだ食べてないのに。
でもいじわる千ちゃんむくむく!
「きみがとてもこのバーガーをおいしく
してくれたよ、ありがとう」「。。。ふん。。。。」


鉄のカーテン。


食事が終わって(サラダが残っていたのでお持ち帰りしたかったので)
声をかけようとするけれど、ことごとく目を合わせない。
仕方なく席を立つふりをする。(これもすごいとは思う)
そうしてようやく「会計?」って言われる、
そう、「会計もお願いしたいけれど、この残った食べ物のお持ち帰りも
同時おねがいしていいかな?←いじわるーーーー」
さすがにこれにはかちんときたみたいで、僕が差し出すクレジットカードを
一旦受け取るのを拒み、しばらく考えて「おっと、仕事だった」というような
間があってから、しぶしぶ受け取った。
僕はにっこりビッチスマイルで「さんきゅ〜、早くしてね」とねっちり慇懃に
投げかける←自分でもむっちゃいじわる〜〜〜て思う。

でもeye to eye(目には目を!)←こんな英語ないっすから(笑)


そのあとの第三戦。
彼女はお持ち帰りのサラダをタッパーに入れて手提げもなしに持ってきて
それをぼんとテーブルに置く。
そしてさっき僕がやった倍がえしくらいに「ありがと〜」って慇懃に
カードを置いていこうとする。その手を千ちゃんがつかむ。
なに?
「タッパーを入れるバッグを今すぐにもらえるかな?、、それも、
紙じゃなくて、ビニールのやつね、ビニール。わかる?あ、り、が、と〜!」

。。。。もちろんにらみ合いはしばし続き、最終的には
この問いかけにも完全無回答である。。。。。。
食べた額からして、チップを3ドルは払うべきなのであろうが、
お店には申しわけないが、うんこをしてテーブルにのっけておいた。
というのはうそで、2ドルにした。
それをわざわざ空中でビッチ風に振って彼女を呼んで
その場で渡す。そしてまだ太陽が残っている店の
外に「ごちそうさま」も言わずにでた。

おいしい食事をして気分は100%いいはずなのだが、
気分は晴れ晴れとはしない。しかし、自称桃太郎侍in NYとしてみれば、
こういう輩は黙って見過ごすことは断じてできない。

どこの国の人がどうとかいうのは全くない。むしろ、NYでは
日本人が日本人にいじわるするというのはしばしば経験するが、
タイの人にされるというのは初めてだ。
ま、「いじわるは世界共通言語」ちゅうことで、
成敗しときました。ちゃんちゃん!






流れに乗っかっていこう! [必殺仕事千]

なつかしい焼き芋屋を見かけたので
「ひとつだけくだちゃい」
と声をかけてみる。
「ひとつ?300円だよ。でもふたつだと
600円。ほっかほかだよ」
と、おっchang。ふたつで倍はあたりまえ。
「いや、そんなに食べられないんで
ひとつでいいです。はい1000円」
「あいよ。じゃあ、この小さいのを
おまけしちゃおうかな。いやいや
こんなのおまけじゃ申し訳ない。
ぷりぷりした大きいやつをつけちゃ
ってだな。ほい。特別サービス!」
おっchangな慣れた手つきで
おつりを千の手に。
あれ?300円しかない。
「大丈夫。気にしないで!おまけだ
から。おいしいのつけといたから
大負けで大サービスだから。
はい。まいどあり???」
おいおい。300円のちっこいの
一個買う予定が700円分買わされ
とるがな^^;

ぼられているんだけど、ちょっと待てよ、
と心で思う。
見れば見るほど
どえりゃあうまそうなやきいも。
でっぷり肥えてて値段に文句を言わせない
説得力のある理想的ルックス。
それを見てるとおもわず
「ま?、いいかっ?(誰に確認とってんだ)」

実際、その700円のぷりぷりやきいもは
その後の3日間に渡って値段を遥かに超えた
しあわせを千に運んでくれたのも事実。
ま、とりあえず、って、流れに乗っかってみるのも
わるくないね!?(だから?誰に話してるんだってば)

でも一応 必殺仕事千としてはおっchang
のおケツに一本だけ吹き矢刺させてもらっとき
まひた。恒例だす。

千「しゅっ!」
おっchang「刺さったっ (痛)!」


nice!(0)  トラックバック(0) 

一蘭のラーメン [必殺仕事千]

がらがらがらとドアをあけてびっくり。
そこは暗く誰もいない。
あわててドアをしめて店を後にしたの
だが、どう考えてもやっている。
もういちどドアを開けて奥へ進んでみる。
すると、、、、

まるでよからぬ相談をしているような
こんなアイソレイトされた不思議な
空間が。しかもそれぞれに番号まで
ついている。千は五番に座りオーダー

ほんでもってほどなく
目の前が開いてラーメン
きたよ。ほんで御簾が閉まったよ。
ラーメンは自分でカスタムするので
辛みなし、チャーシューなし、ネギなし
にしたらただの素ラーメンがきたよ。
これで750円。なめとんのか!

雰囲気がどうもなじめず楽しめずに
ごちした千。う???ん、味は普通で
これじゃあかなりきつい。

ぴしっ。

御簾の向こうに当たらない程度に
やんわり吹き矢飛ばしときまひた。


nice!(0)  トラックバック(0) 

必殺仕事千とふぁのコラボ [必殺仕事千]

おい あたしだよ  ふぁ
そこのおやじ!
年は20代だろが
気持ちはくたびれた
おやじ!
歩きながら煙草吸ってんじゃね!
歩き煙草が懲役30年、罰金5000万って
あたしが勝手に決めたの
知ってて吸ってんのか、このたこ!包茎!
ベイビ?カーの赤chang
火の粉飛んでんだろが
すれ違い間際のおばあchangが
せきこんでるだろが

あたしをおこらしちゃあ、ただじゃすま
ないんだよ  いいね
今日のお仕置きは素っ裸にして
羽根毛でこそばしの
刑、24時間だい。
さあ、今いくよ(くるよ)
じゃかっし???

ふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁ


nice!(0)  トラックバック(0) 

公害女 [必殺仕事千]

お好み焼きを食す。リアル関西人撃沈!
うまかったっす。
カウンターはいいね。作る人の息吹吾郎
を感じられる。対話も楽し。

只運悪く東京国際映画祭でスター
にインタしたばかりのmcの女が
横で煩かった。

「20日から開幕だけど、17、18、19日
って現場に行って雰囲気に慣れてた
の。それってノーギャラよ。一切請求
なんかしてないんだから」←当たり前
「中○貴一ってさ~」←さんづけだろ?
「モデル出身ですかって聞くのね。
全然違うからさ。笑っちゃう。
メイクもさ、去年と違ってどうだこうだ
・・・・・」←お前は裏方だろ?
「また次もとかって言ってくる
わけ。もう決まってるわけじゃん
あたし。どんな顔していいかもう
困っちゃった」←その仕事壊れろ^^;

誰だか確かめたかったけどそれはでき
なかった。どっかで聞いた声なんだけ
どな。残念!なのでnewカテゴリー「必殺
仕事千」吹き矢でシュゥゥゥゥゥゥゥーーー!

女「ポテチン!」

世の中の平和のために
今日も行く行く必殺仕事千。
応援よろぴくね。

お知らせ:タイトルを「公害のような
女」から「公害女」に変更しました。


nice!(0)  トラックバック(0) 
必殺仕事千 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。