So-net無料ブログ作成
検索選択
ぐっときた! ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ぶあついめがねと本の人 [ぐっときた!]

僕がいつもとおる道に消火栓の上で
分厚い本を読んでいるおじさんがいる。
いつしか僕とおじさんはたわいない
短い会話を交わすように
なったのだが、ある日のこと。
まったくその場所とは関係のない町中で
彼と偶然すれ違ったのだ。
つえをつきながらとぼとぼ歩く姿に
普段の勇壮な雰囲気は感じられず
はっとしてふりかえったときには時すでに遅し。
彼はもう
人混みにまぎれて
そこにはいなかった。

デジャブのような一瞬のできごと。

彼は眼鏡をかけていて、いつもの消火栓の上に
腰をのせ、ぶあつい本を読んでいる。ぼくは
今日もすこしだけ話しかける。
「暑いですね」「ねえ。うだっちゃうね。」
ただそれだけの会話。

ルームメイトがそんなぼくたちの会話を聞いて
「おかしいよ。なんでもっと話さないの」
っていうけど、ううむ、僕はなんだか
すごく話してるような気持ちなんだよな。
ね。

何回も通るときは会話を分けてするんだよ


青色の暮れなずむ街に想う。 [ぐっときた!]

NYは今青い色の暮れかけ時刻。
なぜ青なのか不明だが、晴れてる日の
この時間は
きまってブルーの色になる。

朝からセオリーのファイナル筆記試験
があって、無事終了。
いつも試験になると
焦って英語の意味を取り違えるポンミスを
やっるので、今回は慎重に読み、
見直しをして先生に渡す。
「うむうむ、うむうむ、もひとつおまけに
うむうむむ、と。よし!いいだろう。
いい夏休みをすごしなよ!」

やった!すでに朝の10時半に学校を颯爽と
でたところでマイアミから来てるアダム
(トロンボーン)に
あう。「え。今日もしかして休講?」
「ちがうって。俺はテスト終わったの」
「ひえ~」と顔色変えてスケボーに乗り直す
アダム。

僕といえば、家に帰り、
「春キャベツのナポリタン」
と「コーンのサラダ」と「トマトのセビーチェ」を
作り少し早い昼ご飯を食べる

午後はたっぷり時間をかけて
日本の「withはぴ」のエッセイ
を書く。いろんなテーマで書いてみるが
結局ひとつにしぼり、さきほど無事、完成!
送信。

午後8時。

NYはやっと暮れて来た。

ルームメートが「ママに無理矢理買えって
言われて買った水道水を綺麗にするのを
いま装着してる最中なんだよ」

「ふうん」
しばらく悪戦苦闘してたが
ふたつの水を持って来た
ルームメートのブラインドテストに
のかって試飲してみたら一発で装着した
ほうの水のほうがおいしいことがわかり
びっくり。

ぴと一緒に散歩に出かける。
青色のほぼ暮れた町中を散歩してると、

寮を出るために荷物を運ぶ卒業生や
ガウンを着て山高帽子をかぶった卒業生が
両親と写真を撮りながら歩いているのに
でくわす。

あ~、この季節って
アメリカはほんとに卒業、
の季節なんだ!と実感。

そうか、卒業か~

この時期の街の青色は
ちょっぴりせつない色
でもあるわけだ。


金曜日の教会 [ぐっときた!]

CHARLES IVESというアメリカの作曲家の
「答えのない問い」という1906年に
書かれた曲を今日、「金曜日の教会」と僕が
勝手に呼んでいる「20世紀音楽開拓者」
の授業で
聞いた。

最初ニュートラルな背景を持った弦の厳かな
ロングトーンがC メジャーで淡々と続くのだが、
いきなりトランペット
がA tonalな(中心の調と関係ない)ところから
2小節のメロデイを奏で始める。
それに答えるかのようにまたまた違う次元から
2本のフルートと2本の
クラリネットが
メロデイ返しをする。まったくあさっての
方向で進行しているかのように
聞こえるこの3つの関係が実は
徐々にじわ~っとじわ~っと
あぶりだされるように
つながって聞こえてくる。

おもわずその抽象性の中に
音楽のクリシェを見た。違うか(笑)

興味のあるかた、どうぞ。↓
http://www.youtube.com/watch?v=b_l9y9b9odI

PS
夕方雨があがった。今夜レモンを絞り
レモネードを作った。
酸っぱかったけど、体に効くわこりゃ。


「真夜中のカーボーイ」に想う [ぐっときた!]

ひさしぶりに「真夜中のカーボーイ」を観た。

台詞、音楽、、そして画面
の絵の素敵さ、、、、、。
あらゆる種類の音が
織り物のように重ねられて
ストーリーという細やかな糸と
結ばれて、鮮やかな
大きい絵を描いていく、、、

た~ての糸は、、、台詞~~~
よ~この糸は、、、~~~~~

余計な話ですが、さすがにJボイドの足は
長い。あれだけのナイスプロポーションの
娘さんのお父さんだけのことはあります(笑)

Aジョリ~!ちょっとお茶とってくれ、

ピット!パパの話はやめてってあれだ

はいはいふたりとも ち~~~ず!!

PS この映画の冒頭の「きこきこ」
荒れ果てた田舎の公園の乗り物の音が
映画の最後まで心の中で響く。
きこきこ。きこ。きこきこきこ。


暮れ行く空を見上げながら [ぐっときた!]

ふいにぐっときた!
小さな爪の跡のような月を
空の青に見つける。

マンハッタンはこの週末からオープン
エアのカフェがちらほらopenした
温度があがって空気が緩むと笑顔の
人が増える

ハルあふるる一週間を!


花束を抱えて [ぐっときた!]

おとついグロッサリーの店頭
からいっさいの花が姿を消した。
そして昨日の夜辺りから
新鮮な花のブーケがいっぱい
店の表を彩り始めた。

今日そんな一軒に入ったら
レジに花束を持った
長い長い男たちの行列が。

道を歩いててもすれ違う男達
が花束を抱えている。

人がしあわせそうなのを見ると
自分もウキウキするね

きのうは森への
たくさんのコメントや写真
ありがとう!!!!!!


プリンプリン物語 [ぐっときた!]

ひとつ前の記事のパニーニは
パネトーニでした。
自分が食べてるものの名前くらい
おぼえろですね(笑)
おわびというわけではないですが
また新たなamami yuki
紹介しちゃうぞ。
どだ!

もしもプリンが喋るなら、、、、、
もちろん声は石川ひとみ!


赤き戦士 [ぐっときた!]

この色はどうしてこうも
まわりとそぐわない
マットなテキスチュア
なのだろう。
緑だとつるっとしたはっぱが
紅葉するとこういう
抜けたような赤になって
光りかたがマットに
変わるのかな?
この葉っぱが赤くなるのには
相当エネルギーを消費した
のかな?
どうだろうね。
う?む。
葉っぱひとつでも
いろいろ考えると
けっこう楽しい。


おっ子供葉っぱ乗ってますね(笑)


nice!(0)  トラックバック(0) 

太陽の塔 [ぐっときた!]

このアンバランスなバランス
たまらない。
いまや神の領域に突入中。

そうだ 大阪に帰ろう!byJR塔海


nice!(0)  トラックバック(0) 

祝!プリンター購入記念 [ぐっときた!]

昔、むちゃくちゃ特価のプリンター
買ったらすぐに壊れて
夜中じゅう勝手にプリント
しまくらちよこで
ちょっと背筋がぞっとした
経験があったもので。
プリンターなくても、ま、
どうにかなる!生活を送って
まひた。ぐあ。
買いましたとも。EPSONですとも。
うれしゅうて、インストール
設定もおもちゃ感覚でわくわく。
最初のプリントは紙が無かったので
作詞用のルーズリーフに。
ニュープリンターはしばらく
どうしようか迷ってた気配が
感じられたが、
すぐにそのあとプリントし始めた。
初刷り。照れるくらい
あっけらかんと普通のプリント。
なんか、うれち?。

一応カラーもできるよ て今は
みんなそれが普通なの?もしや?


nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | 次の10件 ぐっときた! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。