So-net無料ブログ作成

米話。 [つぶやき千]

ルームシェアしてたときに
ごはんを一緒につくると必ず
「米がねちねちしすぎる」
というクレームがでた。
ワレワレ日本人は(ウチュウジンだ
の声色で読んでくださいね)
ちゃんと箸で
つかめるようなねちっとした
ふっくらごはん
がすきなのだよ、め~ん。
ルーミーはタイ人だったので
とにかくぱさぱさぱらぱら飯
が大好き。
みんなそれぞれだねえ。

新しい家に引っ越してからは
近所で手に入るのは南アメリカ系
の食材ばかりになったので、
めったにアメリカ産「ササニシキ」
や「コシヒカリ」にさえ出会えなくなり
いまもっぱら食べているのがこのGOYA
ブランドの米。
ぱさぱさぱらぱら超ドライ。
これはこれでなかなかおいしいよ。
カレーや焼き飯、リゾットには
ばっちりだしね。
でもねっちり味わうときにはむかない米
なんだなあ。
だから、一時この「森」でも紹介してた
「俺握り」はいつも空中分解で
失敗ばかり。ぐっすん。
米ひとつとっても
郷に入れば、郷ひろみ、なんですねえ。
(しみじみ)


ふんふんふん。 [つぶやき千]

今日は駆け足の日だったなあ。
ネット環境悪い自宅から学校の図書館に場所
を変えていろいろまとめてさくさく小判。

リハモ二ゼイションの
宿題とかを先生のメイルボックスに出して
アップルストアに寄り道して古くなった
ヘッドフォンをおニューのに変えて
(つまりご購入ですbose)
ひさびさにミートパッキンエリアに
繰り出してカルボナーラを外食。
ふ。うちでつくったほうが
うんまいもんねえ^^:
なんちゃってね。

雨が降ったりやんだりの天気がようやく
さっきくらいから落ち着いて来て
ところどころ晴れ間も見える。
なんてつぶやいていたらあっというまに
夜が辺り一面をラッピングして
もっていってしまった。

洗濯。乾燥。両方まわしながら、
今夜の献立を考える。
先週ひいた風邪の最後の残りがまだ
体にいて気持ち悪いけど
もうちょっとで全部
出てってくれるはず。

よし!今夜は東京ラボエムの定番「青唐辛子
とちりめんじゃこのパスタ」にしよう。
ふんふんふん。


つらつらばなしもいいもんだ。 [つぶやき千]

マンハッタンのミッドタウンに2ブロックほど
日本人村が登場したそうだ。
いろんなところにこういったその国の人たちの
文化や背景が見えるものが味わえるというのも
nYの魅力のひとつだろう。
ついこのまえもイスラエル人のフルート奏者に
味噌汁は減塩のものを使うのはどうか?と
具は何を入れるのが正しいのか?とか
聞かれたのでしばしにわかミソシリストになって
「俺は減塩を買うんだけど物足りなくて
塩をば~って入れちゃうから結局は何が
減塩なのかってかんじだよね~」
などなど語ったばかりの千なのであった^^:
イスラエルのピタなんかも野菜野菜って
みんな言うけど結局は
「揚げてある油のカロリー考えたら笑っちゃうよ」
なんてのはイスラエル人同士の会話。
そういうの直接聞くのも興味深いよね。

最近ベッドに入って寝るまでの寝苦しい時間に
読書をしようと思っていろいろ出して来たんだけど、
結局読んでるのは「坂道のアポロン」
ただいま3貫目に突入ですって寿司じゃねっちゅうに!


夏の終わりに思うこと。 [つぶやき千]

今年の僕の夏は5月のなかばにエンジンがかかった。
授業の最終週をえい!とスキップして日本に戻り
それからというものの自分がやりたい日本人本来の
あれこれというものを日本に戻ってひとつひとつ
味わいカルピスでやっているうちに
2ヶ月という貴重な時間が「あっ」というまに流れた。

NYに戻ってからは短期滞在のアパートを拠点に
いまの新しい生活の場所を探し当て、引越し。
今回ほど引越しの重み、大きな意味を考える機会は今まで
なかった。人が居を変え新たに次のステップを目指す
というときに起こす「大きなエネルギー」捨てるエネルギー
もあればかき集めるエネルギー、火事場の底エネルギーもある。
人生いくつになってもしらないことだらけ、
勉強勉強、の夏色のsenryであった。

そんな 劇的な夏もあと10日足らずで終わろうとしている。
今日僕の尊敬するジャズ界の大御所のかたが僕と誕生日が近い
ということで、共通の友人を通して合同でカクテルパーテイのお誘いが
きた。実際の誕生日の前日である。
日本を発つときに「50歳を迎えるときに
ふとショーウインドウに映った自分が心の底から笑ってるなというような
人生を思うように生きたい」
と漠然と思っていたけど、果たして50の誕生日のその日
(9月6日)僕は何を思ってどこにいるのだろう。

ただこれだけはいえる。なにも変わっていない。ただ僕は
自分の中へ中へと深く向かっている気がする。
この夏はたくさんの不思議の種を僕の中に落としていままさに
疾風のようにそのフィナーレを始めようとしている。

このブログを通じていろんなことをシェアしているmy friendsたち。
みなさんのかけがえのない大事な時間を
僕の時間とクロスさせながらこれからもじっくりゆっくり
人生をおつきあいください。
よろしくおねがいします。

とかなんとか
いいながら僕は今日をてっきり土曜日だと勘違いして
レッスンに向かったのですが大きないつものごとき勘違い。
しかたがないので帰宅してカレーを煮ている最中です。みなさんは
最高の週末を。僕はおもいがけずに手にした金曜日の夕方を
カレー三昧に託します。では。股。


samuraidegozaru [つぶやき千]

これ実はこっちに留学するときに成田で買ったTシャツ。
このまえの引越しででてきたので多用中。


つかまりだちさせて。 [つぶやき千]

いつも通る商店街にこんなものが。

おもわず写真を撮らずにはいられなくなったさ。

いえ~い。


samayoinohate [つぶやき千]

江口寿史氏の短編。わたせせいぞう氏の漫画に
でてくるようなしゃれた男女がデート中、もよおしてきて、
トイレを探すのだけれど、その漫画の世界は
完璧にスタイリッシュで、トイレなどというものどこにもなく、
主人公が血眼に鳴って探しまわるという内容のものがある。

きのう350円弁当というものを買い公園で食べた。
麻婆豆腐。無事に食べ終わりゴミを捨てようとゴミ箱を
探すがどこにも見当たらない。街のどこにもないのだ。
そうこうしているうちに
電車に乗る。もちろん駅にはどこにもゴミ箱がない。
スタジオに到着。もちろんゴミを持ったまま。
練習し、再び帰宅。もちろん帰りの道すがらことあるごとに
ゴミ箱を探すが、どこにもない。結局それを持ったまま
満員電車に乗るはめに。

茶髪の女子高生が
「なんか  臭わねっ?(語尾あげて)」
「まじ、これ麻婆じゃねっ?(これも)」
見ると、手に持ったゴミは傾き、麻婆汁が袋の
底に溜まっている。緊急事態。

僕はあわてて次の駅で降りて、またゴミ箱を
探す。しかしどこにもない。
ここまでないならもうしょうがない。僕は駅員さんに
聞いた。
「ゴミ箱にこれを捨てたいんですけどどこにも
ゴミ箱がないんですよ。どっか知ってますか」
そうするとその若いまじめそうな駅員さんは
「ああ。そうなんですよねえ。いまどこにも
ないっすよねえ。もしよければ」
「え?」
「僕が変わりにお預かりして、捨てておきましょうか?」
「え?」
「ちょうどビニール袋があるのでこれで
もう一回 上から包んで」
「す、すみません。ありがとう。助かります」
「いいえ(笑顔)」

なぜどこにもゴミ箱がないのかは
わかる。テロ防止だろう。しかしゴミ箱は必要なものだ。
僕は改めてあたりを見渡したが、誰もゴミを持っている人など
いないし、ゴミはこの世に存在していない
かのように見えた。
よくよく考えるとコンビニの前にはゴミ箱はあるが
やはり100mにひとつづつくらいゴミ箱は
必要だろう。

まるで「きつねにつままれた」ように
イリュージョンの世界を彷徨った気分の挙げ句、
最後に人の情けでことなきを得た。



まだこだまするあの女子高生の声。
「なんか、臭わねっ?」「麻婆くさくねっ?」


なかよし [つぶやき千]

やはり なんといっても和菓子でしょう。
お茶は3杯目がいちばんおいしいす。
同い年男ふたりならんでカウンタースイーツ。

オールナイト日本やステーションキッズを
一緒につくったもうかれこれ20年を超えるなかよしす。


全国的にいい日曜を! [つぶやき千]

twitterの名前は1000hometownっす。
followingしまくらちよこ!

さて、帰国してからの概略、意外にも規則正しい
毎日を送っている。だんだん時差も1時間づつ
くらいずれてきているのが起床時間でわかる。

きのうは渋谷タワーを徘徊。6枚もボサのアルバム
を衝動買い。荷物になんのにね~(笑)やっぱり
cd ストアって千にとってデイズニーシーだわ、
行った事ないけど(笑)とにかくviva cd,yay!
ビッグカメラにも出没したさ~。「千里の森」用の写真を撮る
カメラに使ってる日本時代の携帯。そのmini card(ふるい
この響き)をつなぐプラグ探し。ラッキリーにも
見つかる。yay!

twitterは日本滞在中、お試し運転でつぶやきまくり
たいと思う。でも「森」でも「つぶやき千」があるん
だよね。ま、いっか。雨っすね~東京。

みなさん、全国的にいい日曜日を!ぶひ!


楽になってくさいってか。ふ~ [つぶやき千]

東大寺のお水取りっていつだっけ?昔はオヤジと
泊まりがけで参加した~なんてことがあったっけ?なんて
懐かしくomoidewo 思いかえしていた昨日今日、yes。
だんだん自分の中の暦が薄れて目の前のアメリカ人のユダヤの儀式だの
ルーサーキングのなんたらだの
そんな日常のアメリカの暦らしきものが暮らしのメインになりそうで
そんなものたちの多くに必死にdeal していたわたくし。

今年はどのくらいマックスでGWをとれるかたが日本にはいるのかな?
いいな。GWって夢があるな。しかしだからといってアメリカ人に
同じだけの長さの休みがいま必要かって聞かれると
いやあ、千がよく市井で見かける働き手のかたたちを思い浮かべると
、もうちょっと、長い目で見ていま真剣に働いた方がいいのではなんて、
余計なお世話かもしれないが言いたくもなる。

きのうA trainに乗っててまた案の定いつものように「やんごとなき理由で
前へ進めないのでしばらく止ります」ってなアナウンスで
しばらく地下に潜伏していた千ですが、いくらなんでも1時間を
超えると(ふだんは5分でいけるところを)いてもたっても
いられなくなり、たまたま動いた近くの駅で地下鉄を降りて
外へ出たのですが、案の定タクシーもみんなが同じようにつかまえようと
するので全くつかまらず、いたしかたないのでミッドタウンまで
とぼとぼてくてく歩いてたんですね。

ダイエットコークを買って喉を潤して
そしてもういちど最寄りの駅から別のラインの電車に乗り継いで
なんとか無事に家に戻ったのですが、今日ある真実をしりました。

きのう、テロらしき爆発物がミッドタウンで発見されてその近辺が
もののみごとにlock out されてたんですね。
事情通のアメリカ人に聞く話によると「かなり大きな火の被害が
でたであろう規模の大変なテロだった」ということです。

ひえ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
って気づくの遅すぎやがな??????

こちら無事にいますので全然ご安心を。
いやあ、地球上どんな場所も心から寛いでいられる場所
なんてもういまやないんですかね????
なんだかいろいろ思い馳せてしまう日曜日in NYCです。

俺亭のこんなぱーち~メニューで今日はしばし楽になってくさい


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。